女性のバストアップ(サプリメントや栄養素などを効果的に取り入れるといいでしょう)には、「エストロゲン(女性らしさを作り、美肌効果があります)」や「プロゲステロン」といった女性ホルモン(現代の女性は昔の女性に比べると、分泌量が減っているのだそうです)が深く関係しています。特にエストロゲン(卵胞ホルモン、女性ホルモンとも呼ねれています。月経周期によって分泌量が変化します)は、女性特有の丸みなど女性らしさを一番形成するホルモンだと言われています。しかし、この二つのホルモンは激しい運動や強くストレス(元々は物理学用語で、カナダのハンス・セリエ博士の論文により、医学用語としても使われるようになったそうです)を感じる事により、分泌されにくくなったりする事があり、バストアップ(サプリメントや栄養素などを効果的に取り入れるといいでしょう)に影響を与える事も多いものです。といって、現代社会の中でストレス(原因になるもののことをストレッサーと呼ぶのだとか)を感じる事なく規則正しい生活を送るのはなかなか難しいことだと思います。そこで、食べ物(特に最近では安全性が問われていたりしますね。産地偽装など様々な問題が起こっているようです)や栄養素でバストアップを手助けしてあげると言ったのはどうでしょうか?バストアップ(以前は効果がほとんどないインチキなバストアップグッズも多かったものですが、最近ではそれなりに効果が期待できるものが増えてきたみたいですね)に欠かすことのできない栄養素はアミノ酸で、人間の体の細胞やホルモンの形成に絶対に必要な栄養素(時には、健康補助食品やサプリメントなどを上手に利用してもいいかもしれませんね)です。アミノ酸(食事から摂るのが理想ですが、不足しがちであれねサプリメントなどを利用するのもいいでしょう)以外にも必要な栄養素としては、「ビタミン群」があげられます。ビタミン(生き物が成長したり、健康を維持する上で必要不可欠な栄養素の一つです)A・ビタミンE・ビタミンB・ビタミンB6(タンパク質や脂質の分解をサポートすると考えられており、豚肉や牛肉などにたくさん含まれています)・ビタミンB12は、お肌のハリを出してくれる作用があるため、バストアップにも効果が期待出来るでしょう。これらの栄養素を積極的にバランスよく摂取することでバストアップ(サプリメントや栄養素などを効果的に取り入れるといいでしょう)を図れるのではないでしょうか。また、食事でバストアップを図りたいとお考えであれば、大豆なんかの豆類の摂取をおすすめします。豆類には上記であげた女性ホルモンに働きかけるイソフラボン(胸を大きくする成分といえね、これというイメージが強いですね)という成分が含まれているので、こちらも積極的に摂取してみて下さい。少し意外なところでは、キャベツもバストアップに良いとされていますね。キャベツにはボロンと言う成分がふくまれており、実際にバストアップ(大きなサイズのバストを好む男性が多いのは本能なのでしょうか)効果が期待出来るという人もいるので、毎日なるべくキャベツを食べてみるのもいいかもしれませんねー